スケッチで学ぶ名ディテール遠藤勝勧が実測した有名建築の「寸法」

82226665.jpg
発行:日経BP社

Part4 実測スケッチ・国内編
島根県芸術文化センターが遠藤氏のスケッチとともに紹介されています。

Part5 著名建築家のディテール・寸法をひも解く
対談:遠藤勝勧×内藤廣
「新たな技術と向き合って形を生む」

「建築家がものとどう向き合ったか、それが一番現れるのがディテールだと思うんです。建築が人間の心理と物質の論理をつなげる仕事だとすると、その最前線にディテールがあるんだと思います。」(本文より)

「内藤が選ぶベストディテール」として、
海の博物館・収蔵庫、十日町情報館、最上川ふるさと総合公園センターハウス、
倫理研究所 富士高原研修所、島根県芸術文化センターの図面が掲載されています。
関連記事
  1. 掲載 |
  2. 2009/04/28(火)