【一般聴講可能】東京大学まちづくり大学院講義 復興デザイン

東京大学復興デザイン研究体主催の講義が
4日間にわたって開催されます。
復興デザイン

東京大学まちづくり大学院講義
復興デザイン 内藤廣
都市×建築×社基

ー主催:東京大学 復興デザイン研究体
ー場所:東京大学本郷キャンパス工学部14号館141講義室
ー概要:目の前にひろがっていた風景を再び予見することができるか?
    都市、土木、経済、法、歴史、ランドスケープ、モビリティ、
    多元的な視点を自ら内挿し、次世代の国土・地域・都市デザインを考える。

ープログラム:
    第一回「復興デザインの射程」4月9日 18:30〜21:20
        都市工 窪田亜矢×新領域 本田利器×国土交通省 清水喜代志

    第二回「復興デザイン:経済と建築」4月16日 18:30〜21:20
        京都大学 小林潔司×建築学科 大月敏雄

    第三回「復興とは何か」4月23日 18:30〜21:20
        建築家 内藤廣×東京2060学生提案チーム

    第四回「流動の未来:水と交通のデザイン」4月30日18:30〜21:20
        京都大学 川崎雅史×日産自動車 原加代子

※東大学部生/院生/一般自由に聴講可能です。
※東京大学の講義となりますので、受講お申し込み・お問い合わせは
こちらに記載されているアドレス宛にお願い申し上げます。
  1. 講演会/対談 |
  2. 2013/03/28(木)

建設通信新聞 3月27日(水)記事掲載

3月27日(水)の建設通信新聞13面 読書欄に
「内藤廣の頭と手」についてのインタビュー記事が掲載されています。

 ・記事タイトル:内藤廣の頭と手 
  身体でとらえ形にする回路ダイアグラムで思考を明確に

記事内容はこちらよりご覧いただけます。
  1. 掲載 |
  2. 2013/03/28(木)

初の作品集「内藤廣の建築 1992〜2004 素形から素景へ1」発売

TOTO出版より、内藤廣初の作品集が発売されました。
2巻構成で、今回発売される第1巻は1992~2004の作品を掲載。
写真、図面、ドローイング、内藤自身による書き下ろしの作品解説など、
「海の博物館」以降12年の軌跡をまとめた作品集となっています。※英訳つき

現在、大手書店などでお買い求めいただけます。
ホームページで販売を開始する際は、
こちらのページでお知らせいたします。

なお、第2巻は来年1月発行予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「内藤廣の建築 1992〜2004 素形から素景へ1」

内藤廣の建築1

−出版元:TOTO出版
−定価:本体3,600円+税
−ページ:290ページ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
建築とは「生命」そのものだ。
時を織りなす建築の価値はどこにあるのか。

誰もが心の奥底にもっている建築の原形質のようなものがあるとしたら、
それに「素形」という名前を与えてみたい。……今、多くのものを
失った三陸や福島の人たちを前に、わたしたちはなすすべを
知らず、言葉を失っている。わたしには、個人個人の暮らしの夢となる
「素形」の建築、共同体の夢となる風景、それを新たに
「素景」と呼んでみたいのだが、それこそが現代において実現されるべき
価値のように思えてならない。(本著帯文より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

−掲載作品

海の博物館/住居No.14 筑波・黒の家/住居No.15 杉並・黒の部屋
住居No.18 伊東・織りの家/住居No.19 金沢の家/安曇野ちひろ美術館
茨城県天心記念五浦美術館/住宅No.21 千歳烏山の家/十日町情報館
牧野富太郎記念館/住宅No.22/倫理研究所富士高原研修所
最上川ふるさと総合公園センターハウス/ちひろ美術館・東京/住居No.27

※巻頭論文「素形から素景へ1」、各作品解説文は全て
書き下ろしとなっております。


BookShop TOTO
※中身の立ち読み、購入ができます
続きを読む
  1. 出版/販売 |
  2. 2013/03/14(木)

本日23:00エル・ムンド「東日本大震災から2年」再放送

3月11日(月)23:00より、 
NHK BS「地球テレビ エル・ムンド」にて、
過去に内藤が出演した番組が再放送されます。

■番組名:東日本大震災から2年〜エル・ムンド=世界が発信したメッセージ〜
■日時:3月11日(月)23:00〜23:50
■チャンネル:NHK BS1

(公式ページより)
3月11日月曜日の総集編は、発生から2年が経つ東日本大震災を特集します。
エル・ムンドリポートは震災直後の支援活動についてロンドンとパリから、
在住日本人と被災地の子どもたちの交流をニューヨークから、それぞれ紹介します。
エル・ムンド・トークでは、復興街づくりに奔走する
建築家の山本理顕氏・内藤廣氏、被災地の写真集を出版した篠山紀信氏、
福島のドキュメンタリー映画を制作した岩井俊二氏が登場。
活動や作品に込めた思いについて伺います。
そして、被災地の方々のメッセージを、世界的アコーディオニスト
cobaさんが奏でます。

→番組公式ページはこちら

  1. お知らせ |
  2. 2013/03/11(月)

日本の建築家 22人の建築家の、ここだけの話

二川由夫氏によるインタビュー集
「日本の建築家 22人の建築家の、ここだけの話」が出版されました。
2010年夏にGAに掲載された内藤のインタビューが掲載されています。

book.jpg

「日本の建築家  22人の建築家の、ここだけの話。」定価:本体2800円+税
ーーーーーーーーーーーーーーーー
(表紙文章より)
2009年に始まったGA JAPANの連載『スタジオ・トーク』。二川由夫が、優れた建築をつくりだすプロフェッショナルの仕事場=スタジオを訪ね、話題の近作や進行しているプロジェクトのこと、それらを支える思考や哲学は勿論、さらに人間自身のスピリットにも迫ります。カジュアルな口調で、時に笑いや怒りを誘いつつ、皆が知りたい創作の秘訣やその人となりをあぶり出し、クリエイターたちを取り巻く「現在」、そして「未来」を浮き彫りにするインタヴュー集。日本の建築界を牽引する22名のプロフェッショナルたちの、他では聞けない「ここだけの話」を、この1冊にまとめました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
09.内藤廣(p.121)

メキシコの思い出/立ち位置は変化したか?/建築村の村はずれ/大学と実務の両立/組織に風穴を開ける/土木と文化/アバンギャルドと和風/Hard to Communicate/一瞬先は闇?/他
ーーーーーーーーーーーーーーーー

→紹介ページはこちら
→購入はこちら(GA Japan gallery Bookshop)
  1. 掲載 |
  2. 2013/03/04(月)

GA Japan MAR-APR/2013 インタビュー掲載

GA Japan MAR/APR/2013に内藤の記事が掲載されています。

ga.jpg


特集「日本の現代建築が失ったもの
    〜最前線で設計する建築家たちが本音を語る〜」

p.62に二川由夫氏によるインタビュー記事が掲載されています。

GA Japan公式ページ
  1. 掲載 |
  2. 2013/03/04(月)