新建築 2010/9月号 p151

shinkenchiku100831.jpg
和光大学E棟
「コンクリートと松枝先生」文:内藤廣
→WORKS
  1. 掲載 |
  2. 2010/08/31(火)

【スタッフ募集】

設計スタッフ(30歳以下)を募集しています。
希望者は、以下の書類を郵送にてお送りください。

・履歴書(顔写真添付、メールアドレス明記のこと)
・ポートフォリオ(原則として返却いたしません)

送り先
〒102-0074 
千代田区九段南2-2-8松岡九段ビル301
内藤廣建築設計事務所 採用担当宛

書類受領から二週間以内に、メールにて書類審査の結果をご連絡いた
します。書類審査を通過された方のみ、面接を実施いたします。
なお、メールや電話でのお問い合せにはお答えできませんので、ご了承ください。
  1. 採用情報 |
  2. 2010/08/26(木)

GA JAPAN 106

ga106hyoushi.jpg
p96 和光大学E棟・連絡通路
「建築的力の行使について」文:内藤廣
→WORKS

p106 STUDIO TALK⑨
聞き手:二川由夫氏
  1. 掲載 |
  2. 2010/08/26(木)

日経アーキテクチュア 2010/8/23 p68

nikkei100823hyoshi.jpg
流れを変えた 1枚のスケッチ -虎屋京都店
外と内の関係を平面図の上に明示
  1. 掲載 |
  2. 2010/08/24(火)

グラントワニュース vol.23

ますます芸術発信
~グラントワ開館5周年に寄せて~

「益田 ふるさとの風景」
文:神林哲也(内藤廣建築設計事務所 設計室長)
  1. 掲載 |
  2. 2010/08/24(火)

吉阪隆正賞創設記念シンポジウム

『吉阪隆正賞』とは何か

 日本生活学会は吉阪隆正の没後30年を記念して、「吉阪隆正賞」を創設することとした。この賞は、近年に公表されたデザイン行為によって、現代生活にあらたな光を見いだした個人または集団を対象に隔年ごとに贈られるものである。シンポジウムでは、建築家であり冒険家・教育者として地球大で活躍した吉阪隆正の行動と思索の地平を確認し、選考委員の描く「吉阪隆正」像を通じて、「吉阪隆正」の名を冠した賞のありようについて議論を深めたい。この成果は、秋に公開される選考規定に反映される。

■日時:2010年8月27日(金曜)
17:00-17:30:第1部「吉阪隆正」とは誰か(映像資料の上映)
18:00-20:00:第2部 シンポジウム「『吉阪隆正賞』とは何か」
■会場:早稲田大学西早稲田キャンパス63号館02教室
■主催:早稲田大学建築学科・日本生活学会 
■パネリスト:
   内藤廣(建築家・東京大学教授)
   岡崎乾二郎(造形作家・近畿大学教授)
   進士五十八(造園家・東京農業大学名誉教授)
   中谷礼仁(建築史家・早稲田大学准教授)
   西川祐子(元京都文教大学教授)
   松山巖(評論家)五十音順
■司会:後藤春彦(日本生活学会会長・早稲田大学教授)
■参加申し込み:不要(定員300人)
■入場料:無料
■詳細:http://www.yosizaka-award.org/

【問い合せ先】日本生活学会事務局
       TEL/ FAX 03-3208-3494
       E-mail lifology.official@gmail.com
  1. 講演会/対談 |
  2. 2010/08/10(火)

高知駅 事業誌

第2編 第2章 事業を成し遂げた取り組み 
p140 「百年の計」文:内藤廣kst01.jpg
こちらから高知駅の写真をご覧いただけます。
  1. 掲載 |
  2. 2010/08/03(火)
次のページ